AI-CON
総合サービス利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、GVA TECH株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するAI-CON、AI-CON ドラフト及びAI-CON 登記その他AI-CONの名称が付されたサービス(ただし、AI-CON Proは除きます。以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものであり、本サービスを利用するすべてのお客様に対して適用されます。お客様は、本サービスを利用する前に、本規約をよくお読みください。

第1条(本規約への同意)

  1. お客様は、本規約に従って本サービスを利用するものとし、本規約に同意しない限り本サービスを利用することはできません。本サービスについて当社とお客様との間で別途合意した内容及び当社が本規約の内容として配布、配信若しくは掲示する文書に規定する内容は、当社とお客様との間で本規約の一部を構成するものとします。
  2. お客様が本規約第4条に定めるユーザー登録を完了した時点で、お客様と当社との間で、本規約に従ったサービス利用契約(以下「本サービス利用契約」といいます。)が成立します。

第2条(本規約の改定・変更)

  1. 当社は、自己の判断において、いつでも本規約の内容を変更又は追加できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、下表記載のサービスサイト(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメインを含みます。以下「本件サービスサイト」といいます。)に掲示された時点よりその効力を生じるものとします。
  2. お客様は、本規約の変更に同意しない場合には、直ちに本サービスの利用及び閲覧を停止するものとします。本規約の変更後もお客様が本サービスの利用を継続する場合、そのお客様は、本規約の変更につき、同意したものとみなされます。

第3条(定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1) 「登録ユーザー」
本規約第4条に定めるユーザー登録手続に従って本サービスの利用について登録を行い、当社との間で本サービス利用契約を締結した自然人または法人のお客様をいいます。

(2) 「登録情報」
本規約第4条に定めるユーザー登録手続その他の機会において登録ユーザーが当社に対して提供する登録ユーザーに関する一切の情報をいいます。

(3) 「登録ユーザー情報」
登録情報、当社と登録ユーザーとの間のやり取りに関する一切の情報、端末情報その他本サービスの利用に関し登録ユーザーから収集する情報をいいます。

(4) 「コンテンツ」
登録ユーザーが本サービスを通じてアクセスすることができる情報(文章、画像、動画、音声、音楽その他のサウンド、イメージ、ソフトウェア、プログラム、コードその他のデータを含みますが、これらに限られません。)をいいます。

(5) 「送信情報」
コンテンツのうち、登録ユーザー自身が本サービスを利用してアップロードその他の方法により送信又は入力する契約及び法人に関する情報をいいます。

(6) 「AI-CON」
当社がサービスとして提供する契約書のレビュー支援ソフトウェアサービスをいいます。

(7) 「GVAコンテンツ」
コンテンツのうち、本サービスにおいて当社がユーザーに対し提供するサービスに関連する情報、当社が開発する学習用データ及び学習済みモデル、その他当社が提供し開発するすべての情報をいいます。

第4条(ユーザー登録)

  1. 本サービスの利用を希望するお客様(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、当社の定める方法に従い登録情報を当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申請することができます(以下「登録申請」といいます。)。
  2. 当社は、自らの裁量で決定する審査基準に従って、前項に基づいて登録申請を行った登録希望者(以下「登録申請者」といいます。)の登録の可否を判断します。当社が登録を認める場合にはその旨を登録申請者に通知するものとし、この通知によりユーザー登録が完了し、当社と登録申請者との間で本サービス利用契約が成立します。
  3. 当社は、次の各号のいずれかの事由に該当する場合には、登録申請を承諾しないことがあり、その理由について一切開示義務を負いません。
    (1) 登録情報の全部又は一部につき、虚偽、誤り又は記載漏れがあった場合
    (2) 登録申請者が、本サービスにつき、利用停止の措置を受けたことがあり、又は現在受けている場合
    (3) 過去に、当社との間で締結した契約に違反し、若しくは契約上の義務の履行を怠ったことがある者又はその関係者であると当社が判断した場合その他本サービス利用契約上の義務の履行を怠るおそれがあると当社が判断した場合
    (4) 合理的な理由により本規約第12条第1項第5号に該当すると当社が判断した場合
    (5) その他、当社が登録申請を承諾することが適当でないと判断した場合
  4. 未成年者が本条に定めるユーザー登録手続をする場合には、法定代理人の同意が必要となります。未成年者が当該ユーザー登録を完了した時点で、本サービスの利用及び本規約への同意について、法定代理人の同意があったものとみなします。
  5. 本規約への同意の時に未成年者であった登録ユーザーが成年に達した後に本サービスを利用した場合、当該登録ユーザーは、本サービスに関する一切の法律行為を追認したとみなされます。

第5条(登録情報の提供)

  1. 登録ユーザーは、当社に対し、登録情報として、真実かつ正確な情報を提供しなければなりません。また、登録情報に誤りがあった場合又は変更が生じた場合、登録ユーザーは、自己の責任において速やかに当該登録情報を当社に対し通知の上、これを修正又は変更するものとします。
  2. 当社は、登録ユーザーの登録情報を前提として、本サービスを提供します。登録情報の内容に虚偽、誤り、記載漏れ又は変更未了があったことにより登録ユーザーに損害が生じたとしても、当社は一切責任を負いません。
  3. 登録ユーザーが登録情報の修正又は変更を怠ったことにより当社からの通知が通常到達すべき時に到達しなかった場合、当該通知は、通常到達すべき時に到達したとみなします。

第6条(アカウントの管理)

  1. 登録ユーザーは、自己の責任において当該登録ユーザーに係るアカウントを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、貸与し、譲渡し、又は名義変更をしてはならないものとします。第三者が登録ユーザーに係るアカウントを利用した場合、当該登録ユーザーが本サービスを利用したものとみなします。
  2. 登録ユーザーに係るアカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用その他不適切な取扱いによって生じた損害に関する責任は登録ユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  3. 登録ユーザーは、アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に対し通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第7条(本サービスの利用料)

  1. 本サービスの対価となる利用料は、当社と登録ユーザーとの間で別途合意した場合を除き、下表に定めるとおりとします。なお、当社は、必要に応じて、適宜利用料の金額を変更することができます。
    契約形態 利用料
    スポット契約 ご利用時の料金ページ記載金額
    月間契約 お申し込み時の料金ページ記載金額
    年間契約 お申し込み時の料金ページ記載金額
    ※年間契約のプランごとに金額は異なります。
    そのほかの契約 お申し込み時の料金ページ記載金額
    ※記載金額はすべて税別となります。
    ※月間契約は、当該プランの申込日から1か月間が有効期間となります。登録ユーザーが当該プランの月間契約の終了日までに解約予告をしない限り、月間契約の終了日から更に1か月間自動的に同一条件で月間契約が更新されるものとし、以後も同様とします。登録ユーザーが月間契約の解約予告をした場合、解約予告のあった日の翌営業日に、月間契約は解約されるものとします。
    ※年間契約は、すべて当該プランの申込日から1年間が有効期間となります。登録ユーザーが当該プランの年間契約の終了日の1か月前までに解約予告をしない限り、年間契約の終了日から更に1年間(ただし、当社が指定した場合についてはこの限りでなく、別途当社が定めた期間とします。)自動的に同一条件で年間契約が更新されるものとし、以降も同様とします。
  2. 登録ユーザーは、当社に対し、前項の利用料につき、別途当社の指定する方法により支払うものとします。なお、登録ユーザーが利用料の支払いを遅滞した場合、登録ユーザーまたは登録ユーザーであった者は、年14.6%の割合による遅延損害金を当社に対して支払うものとします。
  3. 本規約又は返金ポリシーに定める場合を除き、当社は、理由の如何を問わず登録ユーザーから当社に対して支払われた利用料の返金には一切応じないものとし、登録ユーザーはあらかじめこれに同意するものとします。

第8条(サービス利用上の遵守事項)

  1. 本サービスは、登録ユーザーが自己のために利用する目的でのみ利用することができ、販売、配布又は開発その他自己利用以外の目的で本サービスを利用してはなりません。ただし、弁護士その他専門家が、その依頼者のために適法に利用する場合は、必要な限度で自己のために利用する目的で利用したものとみなします。
  2. 登録ユーザーは、プランに応じ、当社が別途本件サービスサイトに記載する期間あたりの利用可能件数の範囲内で、本サービスを利用することができます。また、当該期間を経過した場合、その理由の如何を問わず、当該経過した期間に係る未利用件数を翌月に繰り越すことはできないものとします。

第9条(登録ユーザー情報の取扱い)

  1. 当社は、登録ユーザー情報につき、別途当社が定めるプライバシーポリシーに従い、適切に取り扱います。
  2. 当社は、登録ユーザー情報につき、当社の裁量で、本サービスの提供及び運用、サービス内容の改良及び向上、本サービスの利用状況の把握の目的のために利用し、又は個人を特定できない形での統計的な情報として企業に対する提案又はコンサルティング、新サービス開発その他の目的のために利用することができるものとします。

第10条(外部サービス)

当社は、外部サービスと連携して本サービスを提供することがあります。ユーザーは、外部サービスの利用にあたり、本規約のほか、外部サービスの提供者の定める利用規約その他の条件に従うものとします。
外部サービスについては、当該サービスを提供する事業者が責任を負うものとし、当社は、外部サービスにつき、ユーザーの特定の目的への適合性、商品的価値、正確性、有用性、完全性、適法性、ユーザーに適用される団体の内部規則等への適合性、及びセキュリティ上の欠陥、エラー、バグ又は不具合が存しないこと、並びに第三者の権利を侵害しないことについて、いかなる保証も行うものではありません。

第11条(禁止行為)

登録ユーザーは、本サービスの利用にあたり、自ら又は第三者をして、次の各号のいずれかに該当する行為又はそのおそれのある行為をし、又はさせてはなりません。

    (1)法令に違反する行為又は犯罪行為若しくはこれを助長する行為

    (2)当社による弁護士法違反その他の法規制違反を誘発させる行為又はそれらを疑わせしめる行為

    (3)当社に対して法律相談を求め、又は弁護士若しくは法律事務所の斡旋を求める行為

    (4)当社に対して契約書又は登記申請書その他法律関連文書の全部又は一部の内容について個別具体的な判断を求める行為

    (5)当社に対して契約書又は登記申請書その他法律関連文書の全部又は一部の当否について個別具体的な回答を求める行為

    (6)名目を問わず、特定の契約書又は登記申請書その他法律関連文書の全部又は一部についての個別具体的な法的議論を求める行為

    (7)当社、他の登録ユーザー又は第三者に対する詐欺又は脅迫行為

    (8)公序良俗に違反する行為又はこれを助長する行為

    (9)本規約第8条第1項ただし書の場合を除いて、第三者の契約書又は登記申請書その他法律関連文書の全部又は一部につき、本サービスを利用し、又は利用しようと試みる行為

    (10)特定の契約書又は登記申請書その他法律関連文書につき不適当なものとして本サービスの利用を拒否されたにもかかわらず、形式的又は実質的にそれと同一の文書につき本サービスを執拗に利用しようと試みる行為

    (11)当社、他の登録ユーザー又は第三者に対する誹謗中傷行為

    (12)当社、他の登録ユーザー又は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為

    (13)本サービスの全部又は一部を第三者に対し転売し、又は貸与する行為

    (14)当社の従業員に対する嫌がらせ行為

    (15)AIの誤作動又は誤認識を誘発する行為その他本サービスの誤作動を誘発する行為

    (16)リバースエンジニアリング行為

    (17)本サービス若しくは本サービスに利用されている AI の精度若しくは性能を検証し、又はこれらを解析することを主要な目的として本サービスを利用する行為

    (18)本サービスのネットワーク又は本サービスに接続しているサーバーその他のアーキテクチャに過度な負担をかける行為

    (19)本サービスのネットワーク又は本サービスに接続しているサーバーその他アーキテクチャに不正にアクセスする行為

    (20)形式的又は実質的にみて同一の法主体が複数の登録ユーザーとして本サービスを利用する行為

    (21)第三者に成りすます行為

    (22)第三者のアカウントを利用し、又は利用しようとする行為

    (23)当社の定める利用ルールに違反して本サービスを利用する行為

    (24)本サービスの正常な運営を妨害する行為

    (25)反社会的勢力又はそれに類似する組織若しくはその構成員への利益供与行為

    (26)その他、当社が不適切と判断する行為

第12条(規約違反に対する措置等)

  1. 当社は、登録ユーザーが次の各号の一に該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、何らの通知又は催告を行うことなく、当該登録ユーザーに対し、登録ユーザー情報の全部若しくは一部の削除、本サービスの利用の一時停止若しくは制限又はアカウントの削除、強制退会その他の措置を講じることができます。

    (1)本規約の条項の一にでも違反した場合

    (2)登録情報に虚偽があることが判明した場合

    (3)当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日以上応答がない場合

    (4)未成年者、成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人のいずれかであって、法定代理人、後見人、保佐人若しくは補助人の同意を得ていないことが判明した場合又は意思無能力者であることが判明した場合

    (5)反社会的勢力若しくはその関係者である場合又は資金提供その他の援助行為を通じて反社会的勢力の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する行為その他反社会的勢力との何らかの交流若しくは関与を行っている場合

    (6)本サービスの運営又は保守管理上必要である場合

    (7)本規約第4条第3項各号に掲げる事由に該当する場合

    (8)利用料の支払期限までに利用料の全部又は一部の支払いがない場合

    (9)支払不能、支払停止又は支払停止のおそれがある場合

    (10)手形又は小切手の不渡りの処分があった場合

    (11)手形交換所の取引停止処分があった場合

    (12)仮差押え、仮処分、強制執行若しくは競売の申立てがあった場合又は公租公課の滞納処分があった場合

    (13)破産手続開始、再生手続開始、更生手続開始、又は特別清算開始の申立てがあった場合

    (14)監督官庁による営業許可取消処分、営業停止処分その他行政処分があった場合

    (15)重大な財務状態の悪化又は信用の低下が認められる場合

    (16)その他前各号に準じ、又はこれに類する事由がある場合

  2. 当社は、登録ユーザーのアカウントを削除した後も、本規約第9条第2項に定める範囲で登録ユーザー情報を保有及び利用することができるものとします。
  3. 当社は、本条第1項の措置により登録ユーザーに生じた不利益及び損害について一切の責任を負いません。

第13条(損害賠償)

  1. 登録ユーザーによる本規約の違反行為その他本サービスの利用に起因して、当社に損害が生じた場合、登録ユーザーは、当社に対し、そのすべての損害(弁護士その他専門家の費用及び当社において対応に要した人件費相当額を含みます。)を賠償するものとします。
  2. 当社は、本サービスの利用に関連して登録ユーザーが被った損害について、これを賠償する責任を負うものとします。ただし、当社が登録ユーザーに対して責任を負う賠償額は、当該損害の原因となった事実を生じた時点から12ヶ月以内に、登録ユーザーが当社に対して支払った利用料の総額を上限とします。

第14条(秘密保持)

  1. 登録ユーザーは、本サービスに関連して当社が秘密である旨指定した情報を秘密として取り扱うものとし、当社の事前の書面による承諾なく第三者に対し開示又は漏洩してはならないものとします。
  2. 登録ユーザーは、当社から求められた場合はいつでも、当社の指示に従い、遅滞なく、前項の秘密情報及び当該情報を記載又は記録した書面その他の記録媒体物並びにそのすべての複製物等を返却又は廃棄しなければなりません。
  3. 当社は、登録ユーザーが送信した登録ユーザー情報及び送信情報を秘密として取り扱うものとし、事前の書面による承諾なく第三者に対し開示又は漏洩してはならないものとします。

第15条(送信情報)

  1. 登録ユーザーは、送信情報について、当社が別途指定する方法で送信又はアップロードするものとします。登録ユーザーが不適切な方法で送信又はアップロードした場合、本サービスを利用できないことがあります。
  2. 本サービスにおいて、登録ユーザーが送信した送信情報に関する著作権は、登録ユーザー自身に留保されるものとし、当社は当該送信情報の著作権を取得することはありません。本規約の規定にかかわらず、当社は、本サービスの提供、維持、改善に必要な範囲において、送信情報を期間の制約なく利用することができるものとします。ただし、個人情報保護法令の定める範囲を超えて、送信情報を登録ユーザーに無断で第三者に対し開示することはありません。
  3. 登録ユーザーは、当社及び当社から権利を承継し、又は許諾された者に対し、著作者人格権を行使しないものとします。
  4. 登録ユーザーは、自己の責任において送信情報のバックアップを行い、当社は、送信情報のバックアップを行う義務を負わないものとします。
  5. 登録ユーザーは、送信情報につき、当社、システム運用会社又はシステム運用会社が契約するデータセンター若しくはクラウドサービスにおいて保管される場合があることをあらかじめ同意するものとします。

第16条(GVAコンテンツの帰属)

  1. 本サービス及びGVAコンテンツに関する一切の知的財産権(著作権(著作権法27条及び28条の権利を含みます。)、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産に関する権利(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録を出願する権利を含みます。)及びアイデア、ノウハウに関する権利をいいます。)は、当社又は当社にライセンスを付与している者に帰属します。
  2. 当社は、登録ユーザーに対し、本サービスを通じて当社が提供したすべてのGVAコンテンツについて、本サービスの範囲内における利用を許諾しますが、ユーザーに対し、本規約上で明示した権原以外の権原を認めるものではありません。
  3. 本サービスでは、商標、ロゴ及びサービスマーク(以下、総称して「商標等」といいます。)が表示される場合がありますが、当社は、登録ユーザー及び第三者に対し、商標等を譲渡し、又はその使用を許諾するものではありません。

第17条(本サービスの退会)

  1. 登録ユーザーは、アカウントの削除その他当社の定める方法により、いつでも本サービスを退会することができます。本サービスを退会した登録ユーザーであった者は、退会の時点から本サービスを利用することができなくなります。
  2. 誤ってアカウントを削除した場合その他理由の如何を問わず、登録ユーザーが本サービスを利用する権利を失った場合、登録ユーザーであった者は、アカウント、送信情報その他本サービスに蓄積した登録ユーザー情報を利用することができなくなることを、あらかじめ承諾するものとします。
  3. 当社は、当社の裁量により、事前に通知することなく、最終のアクセスから1年以上経過しているユーザーのアカウントを削除することができるものとします。
  4. ユーザーは、本サービス退会後も、当社及び第三者に対して既に生じた本サービス利用契約上の一切の義務(損害賠償義務を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。登録ユーザーが退会した場合、登録ユーザーであった者に当社に対する債務があるときは、何らの通知又は催告を要することなく当該退会の時点で当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対し本サービス利用契約に関して生じた一切の債務の全額を支払うものとします。
  5. 退会後の登録ユーザー情報の取扱いは、本規約第9条の規定に従うものとします。

第18条(本サービスの変更・中断・終了等)

  1. 当社は、登録ユーザーに対し事前に通知することなく、本サービスの内容の全部又は一部を変更又は追加することができるものとします。
  2. 当社は、事前に、本件サービスサイトへの掲示その他の当社が適当と判断する方法で登録ユーザーに通知することにより、当社の裁量で、本サービスの全部又は一部の提供を終了することができるものとします。ただし、緊急の場合は登録ユーザーへの通知を行わない場合があります。
  3. 当社は、次の各号の事由が生じた場合には、登録ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの一部又は全部を一時的に中断することができるものとします。
    (1)本サービス用の通信機器設備等に関わるメンテナンスや修理を定期的又は緊急に行う場合その他本サービスを提供するシステムの点検又は保守を行う必要のある場合
    (2)アクセス過多、その他予期せぬ要因でシステムに負荷が集中した場合
    (3)本サービスを提供するシステムが誤作動を生じた場合
    (4)登録ユーザーのセキュリティを確保する必要が生じた場合
    (5)電気通信事業者の役務が提供されない場合
    (6)地震、水害その他の天災地変、火災、停電、その他の不慮の事故又は戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議その他不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
    (7)法令又はこれに基づく措置により本サービスの運営が不能又は著しく困難となった場合
    (8)その他前各号に準じ当社が必要と判断した場合
  4. 当社は、本条に基づき当社が行った措置により登録ユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第19条(保証の否認及び免責)

  1. 当社は、本サービス及び本サービスを通じて提供されるコンテンツその他一切の情報につき、ユーザーの特定の目的への適合性、商用的価値、正確性、有用性、完全性、適法性、ユーザーに適用のある団体の内部規則等への適合性、及びセキュリティ上の欠陥、エラー、バグ又は不具合が存しないこと、本サービスが全ての類型の契約、登記等に対応可能なものであること並びに第三者の権利を侵害しないことについて、如何なる保証も行うものではありません。
  2. 本サービスは、ユーザーが送信した契約書、会社情報その他の限られた情報に基づき、一次的なリスク判定その他の情報を提供するものであり、ユーザーに代わって契約書その他の文書の作成を行い、又はユーザーのリスクヘッジを保証するものではありません。本規約の規定にかかわらず、当社は、本サービス又は本サービスを通じて提供された情報に関連してユーザーと第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等について一切の責任を負いません。ユーザーは、自らの責任においてかかる取引、連絡、紛争等を処理及び解決するものとします。
  3. AI-CONは、ユーザーが送信した契約書の一般的かつ類型的なリスク判定を行うことを目的とするものであって、ユーザーの個別具体的な事案及び権利義務関係に関知するものでなく、また法律上の効果を発生変更しあるいは保全明確化するものではありません。また、特定の案件に対する具体的な法律専門家としてのアドバイスを提供し、又は具体的な取引について完全に適合する契約書を作成するものではありません。ユーザーはAI-CONにて契約書のリスク判定を行った後、自己の費用と責任において、その内容について確認及び検証するものとします。
  4. 当社は、本サービスがすべての情報端末に対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザーは予め了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。
  5. ユーザーは、本サービスが依拠するプラットフォームの利用規約及び運用方針の変更等に伴い、本サービスの一部又は全部の利用が制限される可能性があることを予め了承するものとします。
  6. 前各項に定める他、本サービスに関し、ユーザーと第三者との間で紛争が生じた場合、ユーザーは、直ちにその旨を当社に通知するとともに、自己の責任と費用においてこれを解決するものとし、当社はこれに一切関与せず、何ら責任を負わないものとします。
  7. ユーザーは、本サービスのプラン変更に伴い、変更前のプランにおいて設定、入力、利用及び閲覧等した情報、データ及びコンテンツ等の一部又は全部の利用が変更後のプランにおいて制限される可能性があることを予め了承するものとします。

第20条(連絡及び通知)

  1. 本規約の変更に関する通知その他当社から登録ユーザーへの連絡又は通知は、本件サービスサイト内の適宜の場所への掲示、電子メールの送信、又はプッシュ通知その他当社が適当と判断する方法により行うものとします。
  2. 当社が登録情報に含まれるメールアドレスその他の連絡先に連絡又は通知を行った場合、登録ユーザーに対して当該連絡又は通知が到達したものとみなします。
  3. 本サービスに関する問い合わせその他登録ユーザーから当社に対する連絡又は通知は、本件サービスサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームからの送信その他当社が指定する方法により行うものとします。

第21条(権利義務の譲渡禁止)

登録ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、本サービス利用契約上の地位又は本サービス利用契約に基づく権利義務の全部又は一部を、第三者に対し譲渡(合併、会社分割等による包括承継を含みます。)し、若しくは担保の目的に供し、又は引き受けさせることはできません。

第22条(事業譲渡等の場合の取扱い)

当社が本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合、当社は、当該事業譲渡に伴い本サービス利用契約上の地位、権利及び義務並びにユーザー情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡できるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとみなします。本項にいう事業譲渡には、当社が消滅会社又は分割会社となる合併又は会社分割等による包括承継を含むものとします。

第23条(反社会的勢力の排除)

  1. 当社及び登録ユーザーは、次の各号に定める事項が真実であり、かつ、その記載された内容のとおり履行するものであることを表明し、保証します。
    (1)自己及び自己の役員・株主・取引先等(以下「関係者」という)が、反社会的勢力ではないこと。
    (2)自己及び自己の関係者が、反社会的勢力を利用しないこと。
    (3)自己及び自己の関係者が、反社会的勢力に資金等の提供、便宜の供給等、反社会的勢力の維持運営に、協力又は関与しないこと。
    (4)自己及び自己の関係者が、反社会的勢力と関係を有しないこと。
    (5)自己が自ら又は第三者を利用して相手方に対し、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞を用いず、相手方の名誉や信用を毀損せず、また、相手方の業務を妨害しないこと。
  2. 当社及び登録ユーザーは、前項に関して相手方が行う調査に協力するものとします。
  3. 当社及び登録ユーザーは、相手方が本条に違反した場合には、何らの通知又は催告を要しないで、直ちに本サービス利用契約を解除することができるものとします。

第24条(分離可能性)

  1. 本規約のいずれかの条項又はその一部が無効又は執行不能と判断とされた場合であっても、当該判断は他の部分に影響を及ぼさず、本規約の残りの部分は、引き続き有効かつ執行力を有するものとします。当社及びユーザーは、当該無効若しくは執行不能とされた条項又は部分の趣旨に従い、これと同等の効果を確保できるように努めるとともに修正された本規約に拘束されることに同意するものとします。
  2. 本規約のいずれかの条項又はその一部が、あるユーザーとの関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他のユーザーとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

第25条(準拠法及び合意管轄)

本規約及び本サービス利用契約は日本法に準拠するものとし、本規約若しくは本サービス利用契約に起因し、又はそれに関連する一切の紛争については、その訴額に応じ、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2019年2月1日 制定】
【2019年11月16日 改定】
【2020年2月12日 改定】

サービスの名称 サービスサイト URL
AI-CON https://ai-con.lawyer/
AI-CON ドラフト https://draft.ai-con.lawyer/
AI-CON 登記 https://corporate.ai-con.lawyer/

「即時チェック」返金ポリシー

「即時チェック」返金ポリシー(以下「本返金ポリシー」といいます。)は、「即時チェック」のうち実際に当社とお客様との間で締結されたスポット利用契約(以下「本件対象契約」といいます。)に限って適用されるものです。「即時チェック」のうち年間利用契約については本返金ポリシーが適用されないほか、そのほかのAI-CONサービスに対しても本返金ポリシーは適用されません。
なお、本ポリシーは「AI-CON総合サービス利用規約」(https://ai-con.lawyer/term)第1条第1項に定める個別規約としての性質を有します。

1 当社は、次の各号に掲げる事由(以下「本返金事由」といいます。)の一に該当すると当社が認めるときは、お客様に対して、お客様から当社に対して本返金事由にあたる旨及び返金を求める旨を記載した別途当社が指定する返金依頼フォーム(https://form.run/@gvatech-5071)経由での通知が到達した日が属する月の翌月末日までに本返金ポリシーに従って既払いの利用料の全額を返金する手続を行います。

  1. ① お客様が当社の用意した適式な方法によりアップロードした契約書(以下「本件送信契約書」といいます。)について、本件対象契約に係るサービス(以下「本件サービス」といいます。)のバグその他システム上の不具合等に直接起因して本件サービスの判定結果画面(以下「本件結果画面」といいます。)が適切に表示されなかったとき
    ② 本件送信契約書について、本件サービスに係るお客様の契約書ファイルのアップロード画面(以下「本アップロード画面」といいます。)において本件サービスが対応している契約書類型として別途当社が掲示する契約書類型以外の契約書類型を善意かつ無過失でアップロードしてしまったとき

2 前項にかかわらず、次の各号に掲げる事由の一に該当するときは、当社は、お客様に対して、一切の返金に応じません。

  1. ① 本件送信契約書又はお客様の行為若しくは環境について、本アップロード画面に記載する注意事項その他のご利用条件、本件サービスに係るサービスサイト上の「よくある質問」ページに記載するご利用条件その他当社が別途サービスサイト上に掲載する本件サービスのご利用条件を満たしておらず、又は当社からのご案内に従っていないとき
    ② 本返金事由に該当することにつき本件送信契約書のアップロードの時点において悪意若しくは重過失であったとき又は悪意若しくは重過失であったことが推認されるとき
    ③ 本件サービスを検証又は調査する目的で本件送信契約書をアップロードしたとき
    ④ 本件送信契約書が過去にアップロードした契約書と形式的又は実質的に同一又は類似しているとき
    ⑤ 本件送信契約書につき、契約書としての形式を欠き、又は契約書に通常書かれない文字列が混入していたとき
    ⑥ 本件送信契約書のアップロード時から5日以内に当社に対し返金を求める旨を記載した別途当社が指定する返金依頼フォーム経由での通知が到達しないとき
    ⑦ 本件送信契約書につきお客様が本返金事由に該当することを第三者に開示し、又は公表したとき
    ⑧ 本返金ポリシー第4項に定める資料を提出しないとき
    ⑨ 本件対象契約に違反しているとき
    ⑩ 過去に当社との間の契約について債務不履行があるとき

3 当社は、本返金ポリシー第1項に基づく返金を、原則としてクレジットカード決済の取り消し手続きの方法により行うものとします。ただし、当該取り消し手続の方法による返金が困難な場合には、当社は、お客様が別途指定する銀行口座に振り込む方法により返金を行うものとします。この場合、当社は、振込手数料を負担し、返金に係る利息及び遅延損害金並びに振込手数料以外の費用を負担しません。

4 本返金ポリシー第1項に基づいて返金するにあたり、お客様は、当社に対し、本件送信契約書のデータその他当社が返金の要否を判断するにあたって合理的に必要と考えられる資料及び当社が返金に必要と考える情報を当社の求めに応じて提出するものとします。

以上

令和元年11月11日制定