資料ダウンロード 無料で1通お試し

AI-CONは契約書のリスクをチェックできるだけでなく、条項の修正例提示やトラブル事例の解説など、契約書について理解を深めることもできるツール

投稿日:

オフィス薬局

代表取締役 笹森 有起様

情報処理サービス業・ソフトウェア業

株式会社オフィス薬局様は、漢方薬のオンライン相談/販売を、企業向けに福利厚生として提供している会社です。
代表の笹森様に、AI-CONをご利用いただいた背景やご利用方法について、お話いただきました。

薬剤師としてヘルスケア業界に関わり続けてきて、薬局の可能性と漢方のニーズの高まりを実感し、新たなビジネスを自分で生み出したいと考え、起業しました。

貴社(または部署)の事業、業務内容を教えてください

当社は、漢方薬のオンライン相談・販売を、企業を通じて個人へご提供しています。企業によっては福利厚生というかたちでご利用いただくケースもあります。具体的には、LINEを用いてご契約先の企業に勤めるスタッフさんからご相談を受けたり、そのままオンラインで漢方薬を販売しています。

薬剤師としてヘルスケア業界にずっと関わり続けてきて、薬局の可能性と漢方のニーズの高まりを実感し、それぞれ成長性のあるビジネスを掛け算することで新たなビジネスを自分で生み出せるのではと考え、フリーランスの期間を経て起業しました

新しいビジネスモデルを実現するにあたり、薬機法をはじめとしたさまざまな法規制をきちんとクリアして、企業に安心して取引していただくことの重要性を当初から考えていました。

AI-CON導入前の、契約関連業務の状況や課題を教えてください

「企業向けに、福利厚生として、漢方薬をオンラインで提供する」という新しいビジネスモデルを実現するにあたっては、薬機法をはじめとしたさまざまな法規制をきちんとクリアして、企業に安心して取引していただくことの重要性は、起業当初から意識していました。

会社を設立する前のフリーランス時代は、業務委託契約やNDAを取引先企業と締結することはありましたが、ほとんどは自分で契約書の作成からチェックまで行っていました。まれに、自分ではちょっと判断しかねる内容の契約書が出てきたときは、士業の友人に難しい用語について質問したりしていました。

しかし、この新しいビジネスは法規制の壁も厚く、丁寧に契約を行う必要があるため、初期に自社のひな形として作成した契約書は、ヘルスケア業界に関する専門知識をもった弁護士にしっかりと見てもらっています。

AI-CONを知ったきっかけは?

ビジネスを進めるなかで、友人から士業の友人「薬機法に詳しい弁護士にあたった方が良いよ」とアドバイスをもらい、インターネットで「契約書 レビュー」といったキーワードで検索した際に、AI-CONのウェブサイトにたどり着いた記憶があります。

AI-CONを使うことに対する不安は感じられましたか?

AI-CONをはじめて知ったときは、「お。どういう結果がでてくるんだろう」と、ちょっとワクワクしました。そのため、とくに不安は感じませんでした。元々好奇心が強く、かつ自分も新しいチャレンジをするところだったので、このサービスはどういうものなんだろう、と気になりましたね。

契約に関する理解を自分自身で深める点で、AI-CONの判定結果は思っていた以上に有意義でした。

AI-CONを実際に使ってみたご感想や、得られたメリットを教えてください。

最初は、自社サービスの利用規約とプライバシーポリシーをAI-CONでチェックしました。

AI-CONは弁護士に相談する前の「全体像を把握するため」に使おうと考えており、その点からすると、条項ごとの有利・不利という判定結果は「なるほど、一般的なビジネスだとここが有利/不利なんだな」と、自分だけでは気づけない学びがたくさんありました。

実は、自分がこれから始めようとしているビジネスにとってどの条項が有利か不利かは、AI-CONでは判断できないだろうな、と当初から考えていました。というのも、もともと難易度の高い契約書だと認識していたので、最終的には弁護士に相談するつもりでいたためです。
その前に、自分自身で契約に関する理解を深める点で、AI-CONの判定結果を知ることができたのは思っていた以上に有意義でした。

今後ビジネスを成長・拡大するために、取引先やパートナーを募っていくと、NDAをはじめ業務委託や売買契約の締結機会は増えるため、そこでAI-CONは活用できると考えています。

AI-CONを導入されて、どんな変化がありましたか?

AI-CONは単に有利不利といった判定だけでなく、条項ごとの解説やトラブル事例など、自分自身の契約にまつわる関連情報が充実しています。そのため、AI-CONの判定結果を読み込むだけでも、契約に関する理解を深めることができました。

サービス立ち上げ当初に必要な利用規約、プライバシーポリシーは完成したので、今後はビジネスを成長・拡大するために、取引先やパートナーを募っていく段階です。そうなると、NDAをはじめ、業務委託や売買契約の締結機会は増えると考えており、そこでAI-CONは活用できるかな、と考えています。

AI-CONに対するご要望やご意見などはありますか?

まだ弊社は弁護士を顧問として抱えるほどの余裕が無いため、私自身で契約業務を完結させる必要があります。AI-CONはすでに多くの契約類型に対応しているので、難易度の高そうな契約書がきたらその都度AI-CONを使います。

AI-CONはリーズナブルな金額で契約書のリスクをチェックできるだけでなく、契約書を修正する書き方の例や事例なども表示されるので、使っていくうちに契約書について理解を深めることもできるツールなので、まずは一度使ってみてはいかがでしょうか。

AI-CONはリーズナブルな金額で契約書のリスクをチェックできるだけでなく、使っていくうちに契約書について理解を深めることもできるツールなので、まずは一度使ってみてはいかがでしょうか。

読まれている方に向けて、最後に一言コメントをお願いします。

ビジネスの責任者や経営者になると、契約はとても重要な行為だとあらためて気づくことになります。
AI-CONはリーズナブルな金額で契約書のリスクをチェックできるだけでなく、契約書を修正する書き方の例や事例なども表示されるので、使っていくうちに契約書について理解を深めることもできるツールなので、まずは一度使ってみてはいかがでしょうか。

契約書を取扱う機会がある方は、
まずは AI-CON をご体験ください

AI-CON でできること、機能、料金表など、
詳細な資料を無料でダウンロードできます

1通目の即時チェックは無料

  • AI-CON ドラフト

    契約書のひな形ダウンロード販売

  • AI-CON 登記

    最短15分で登記書類を自動作成

  • AI-CON Pro

    自社専用のAI契約書レビュー支援サービス