無料説明会開催中
AI-CON

SaaS型動画生成ツールにおける契約をAI-CONでチェック。2名でのチェックが1名になり、時間は1/3になりました。

投稿日:2019.07.24

カクテルメイク株式会社

コーポレートDiv バックオフィスSec Sec Mgr 大坪 奈央様

動画制作事業

カクテルメイク株式会社様は、Web上で素材やテンプレートを選ぶだけで簡単に動画を作成できる「RICHKA(リチカ)」というSaaS型のサービスを提供されているスタートアップ企業です。
動画広告やSNS上での短い動画配信など、スマホ上でのカジュアルな動画配信が身近になりつつある中、急成長しています。
今回は、博多オフィスでバックオフィス全般を担当されている大坪様に、導入前後の契約書業務のご状況とAI-CONの利用についてお話を伺いました。

SaaS事業においても追加で契約が発生することがあります。

普段は博多のオフィスに勤務されていると伺いました。

カクテルメイクでは東京の他に博多にオフィスがありまして、私は週の2日間を博多オフィスで、3日間を在宅で仕事をしています。

先月までバックオフィス系業務は私ともう1名の2名体制でしたので、法務はもちろん、総務、人事、労務まで2名で幅広く対応していました。

現在の契約書関連業務のご状況を教えてください。

月間では10件前後の契約書対応が発生し、おおよそNDA(秘密保持契約)と業務委託契約で全体の9割近くを占めているという状況です。

今まではバックオフィス担当2名で必ずダブルチェックしていました。

AI-CON導入前の状況や課題を教えてください。

もともと、バックオフィス機能は私を含めた2名体制で、法務もそこで対応していました。ただ、2名とも法務が専門ではないので契約書チェックに工数をかなり取られてしまうことがありました。

先方から届いた契約書のこの条文にはどのようなリスクがあるのか、リスクがあるため条文修正を依頼したいもののコメントはどうしたらいいのか等、法務が重要な業務だと理解しているからこそひとつひとつにすごく時間がかかっているという感じですね。

契約内容によっては顧問弁護士にチェックいただくこともありましたが、どうしても時間がかかってしまったり、お客様の希望する時間軸に合わなかったりということがありました。

どんなきっかけでAI-CONを知ったのでしょうか?

ある時、社内メンバーが「こんなサービスがあるよ」と見つけて教えてくれました。その時からすでに契約書チェック業務は、効率化の対象という課題認識があり、AI-CONは初回無料で使えたのでとにかく会員登録して1通試してみました。

チェック結果を見て、これなら今の業務も効率化できそうだと思い、正式に利用を開始しました。

カクテルメイク株式会社 社内風景

AI-CON導入によりチェックが1回で済み、工数も1/3程度になりました。

AI-CONを使ってみての感想やメリットを教えてください。

率直に「これは心強い」と思いました。

今までの契約書チェック業務は、1名が1回目のチェック、もう1名が2回目のチェックというダブルチェック体制で、1通の契約書チェックを必ず2名で行っていました。この1回目のチェックがリスク判定のベースとなるため、作業するときに集中力やまとまった時間が必要になることもネックでした。

AI-CON導入後は1回目のチェックがそのままAI-CONになり、人間がやるのは2回目のチェックだけで済むようになりました。ベースとなるリスク判定作業を法務を専門とされているGVA TECHさまが運営するAI-CONにお願いできるというのは心強かったです。今のところ、チェック結果による間違いなどの問題も起きていないですね。

細かいところでは、5段階でのリスク判定や修正意図表示が助かっています。
双方にとって最良な形での契約締結を交わしたいという思いがあるものの、契約書に記載する文言へ落とし込んだ際にこちらの意図が伝わりづらかったりしてしまうことが多いことが悩みでした。その点において、修正意図の説明やその根拠を明確にしてくれるAI-CONはとても頼もしい存在です。

AI-CONを導入されて、どんな変化がありましたか?

1名で契約書チェックを完了できるようになり、かかる工数は1/3くらいに減ったと思います。

1回目の判定はAI-CONに任せられるようになり、イメージとしては外部に1名、契約書をチェックしてくれる専門のスタッフが増えたような感じです。1回目のチェックが一番手間でしたので。

AI-CONに対するご要望やご意見などはありますでしょうか?

契約書の種類は、今でもほぼ対応できているので問題はないですね。

あるとしたら、チェック結果を見てそのままWordファイルに修正を反映したりコメントを付けてくれるような機能があるといいかなと思います。

あとは難しいかも知れませんが、利用規約をベースに別途覚書を締結するようなケースで、規約と覚書両方をアップロードして判定してくれるような機能ができるといいなと思います。

それはすばらしい機能です。いつか実現したいですね。本日はどうもありがとうございました。

AI-CON無料説明会

無料説明会で、AI-CON運用の仕方をすべてをお伝えいたします。
サービス資料もご用意しておりますので導入検討にお役立てください。サービス概要、機能など盛りだくさんです。